keyvisual

ノーリフトケアコーディネーターについて
No Lift Care Coodinator (NLCC)

NLCCとは

ノーリフトケアコーディネーターとは、ノーリフト(腰痛予防対策)の知識を活かし、
ケアの質を考え活動を行う人たちのことを称します。

ノーリフトとはオーストラリアなどで常識となっている看護や介護の腰痛予防対策です。
⇒ノーリフティングポリシー

※2015年より、旧ノーリフトコーディネータープログラム(3日間)を改定し、事例検討などが追加された日本版ノーリフトケアコーディネーター養成講座(7日間)となっています。  旧ノーリフトコーディネータープログラム(ベーシック1日 アドバンス2日)を受けられた方は、ノーリフトケアコーディネーター養成講座のアドバンスから受講可能です。

NLCCプログラム(2015)

  セッション セッションキー 到達目標
ベーシック知るノーリフトの必要性が分かる
体験するベッド上ケアでの腰痛予防とケアの質を考えることができる
課題に気づくノーリフトを通して学んだことと現場の実際をつなぎ導入イメージができる
アドバンス気づきと課題の整理現状の振り返りを行い課題に気づくことができる
計画と実行改題解決の為の計画と実施を行える
振り返りと再計画実施報告と振り返りを行い、課題の洗い出しと再計画
挑戦と継続継続する為に必要なことの検討 (マニュアル作成・機器選定・モデル地域・教育)

NLCC養成プログラム

オーストラリア看護連盟などが開発したノーリフト3日間プログラムを基本として、
日本版にケアを考える実践編(4日間)を追加した、
ノーリフトケアコーディネーターを育成することを目的としたプログラムです。

調査 ・腰痛に関連した課題の洗い出し(効果測定)
・現場の物品/用具のチェック
教育 ・ノーリフトケア 本&DVD発売予定
・ノーリフトの実技体験(NLCCベーシック)
実践教育 ・実際の現場での事例検討(NLCCアドバンス)
・コンサルティング(現場介入)
教育評価 継続教育 ・再腰痛調査
・ヒヤリハットや事例経過サポート

上記の一部プログラム(実施・評価)は、東京大学 教授 淺間一 (RISTEXプロジェクト) によってサポートされています。

腰痛予防につながる基本的な動作(実技参照事例)

(例)体重の落とし方




(例)椅子の運び方





申請登録方法

NLCC研修を受けた方々に順次お知らせいたします。
※旧ノーリフトコーディネータープログラム(ベーシック1日 アドバンス2日)を受けられた方は、
ノーリフトケアコーディネーター養成講座のアドバンスから受講可能です。