keyvisual

設立の趣旨および目的

設立趣旨

リフトのレクチャー

ノーリフトに関わる人が、看護や介護に関わる人の腰痛を職業病としてあきらめるのではなく、 ケアのプロとして予防と対策を実施できるようになること、また、腰痛予防対策をツール(よい機会/チャンス)として、 医療や介護現場に労働安全衛生マネジメントを定着させること、 そして、褥瘡や拘縮の悪化、寝かせきりをなくし、プロとして、 ケアを業務にしないようにケアの質を再検討する機会をノーリフト(腰痛予防対策)を通して伝えることを目的とした組織を設立いたしました。

日本ノーリフト協会は、腰痛予防対策をリフトなどの機器を使うことを推進しているのではありません。 あるいは、ノーリフトの導入を協会の活動目的としている訳でもありません。

介護ロボット、機器や福祉用具は、あくまでもケアに関わるプロが活用する1つの道具でしかありません。 ノーリフトや他のどんな移乗介助方法もこれはあくまでの必要であろうと思われるケアを考える為の道具です。 どのようなケアを提供することがよりよいのか、ご本人のサポートにつながるのか、 あるいは道具があるからこそ自立できることがあるのか?など・・・

ケアのプロとして、腰痛を対処療法でなく、予防対策として実施する知識や戦略をもつことによって、 今までのケアも見直すきっかけを作れるようになること、そして、1人で完璧にしようと抱え込むのではなく、 ケアを受ける側の自立をサポートするために、自分の周りにある資源(人・物・環境あるいは制度など)を多いに活用できるケア提供者になることを目指しています。

No lifting Policy-持ち上げない看護・抱えあげない介護-
介護や看護の腰痛予防対策を!!

ノーリフト®とは、オーストラリア看護連盟(ビクトリア州)が看護師の腰痛予防対策のために1998年頃から提言したもので、 危険や苦痛の伴う、人力のみの移乗を禁止し、患者さんの自立度を考慮した福祉用具使用による移乗介護を義務付けています。 これが「ノーリフティングポリシー」です。しかし、看護や介護現場で提唱していくのに “ノーリフティングポリシー”と言うのがながったため次第に「ノーリフト」が合言葉となっていきました。

日本でも看護師・介護労働者の腰痛が多発しています。2012年に日本ノーリフト協会が行った調査においても看護や介護についてから腰痛を経験している人が72%以上となっていました。

 安全で安心な看護・介護を提供するには、病院や施設で患者さんの状態に合わせて福祉用具を有効に活用し、介助者の腰痛予防にも取り組むことが不可欠です。 2008年ごろから日本でノーリフトの活動開始し、2013年ごろよりノーリフトを取組むとケアの質(褥瘡や拘縮予防)も変わることがわかりました。 そのため、日本ノーリフト協会は、日本の病院や施設での腰痛予防対策を成功事例とした労働安全衛生マネジメントの構築と、 拘縮や褥瘡を予防するため(寝かせりゼロ)ケアの質の向上を目的に「ノーリフトケア」という愛♥言葉を使用し活動しています。 「ノーリフトケア〜ケアを変える腰痛予防対策〜」で、看護・介護・福祉の現場から職業病としての腰痛をなくしましょう。

※ノーリフト/ノーリフトケアは日本ノーリフト協会の商標登録用語です。